こいけ歯科医院
むし歯と歯周病予防を中心とした歯科医療

インプラントについて


インプラント治療をご存知ですか?

インプラント治療とは歯を失った顎骨(あごの骨)の中に人工の歯根を植え込み、歯冠を取り付ける方法です。
まるで新しい歯が生えてきたかのようです。自分の歯と同じように使うことができます。

インプラント治療の歴史【人類が夢見た治療法】
インプラント治療の起源を訪ねてみると、その歴史は最古までさかのぼることができます。インカ帝国のミイラの口の中にエメラルドの歯が植え込まれており、歯石が付着していたことから明らかに何年も使用していたことがわかりました。
その後、時代が変わり象牙や動物の歯などが植えられました。どうもこれらは長期間使用できなかったようです。
近年になってステンレスやゴールド、セラミックなど錆びない材料を使ったインプラントが日本でも臨床応用されました。長期間使用できなかった方も多くいらしゃいました。
その後、純チタンが「骨と癒着」することが発見されたため成功率が高まり、現在では歯を失った方の治療の一手段として注目されております。 欧米先進国では失った歯の治療の第一選択としてインプラントを行い、インプラント治療が不可能な方にブリッジや義歯で治療します。
インプラント埋入図

このような患者様に適してます
健康な歯を削りたくない方
ブリッジで治療する場合には両隣の歯を削らなければなりません。
健康な歯は削ることによりその歯の寿命を短くする恐れがあります。
インプラントを用いると、健康な歯を削る事無く、自分の歯と同じように使うことが出来ます。
ブリッジを用いた治療法図
部分入れ歯が嫌いな方
部分入れ歯を用いた場合、毎日取り外しをし、ケアをしなければいけません。
そして何より、大きな違和感があり、ものが食べにくく、挟まりやすいと言うストレスを毎食時に味わうことになります。
また、金具(クラスプ、ばね、鈎)が必要で、見た目が悪いはもちろん、レスト窩(ストッパー)を設けるために天然歯牙(両隣の健康な歯)を削る必要があります。
部分入れ歯を用いた治療法
両隣の歯がなくてブリッジで治療出来ない方

事故等で、広範囲にわたって歯を失ってしまった場合は、台となる歯が無い為、ブリッジ・部分入れ歯での治療が困難となります。

義歯の安定が悪い方

無歯顎の患者様の義歯の安定が悪い場合、にインプラントを応用し、安定させることが出来ます。
義歯の内面にも金具を取り付け、インプラントに「カチャ」と はめ込む治療となります。


インプラントQ&Aへ
2007(C)Koike Dental Clinic,All Right Reserved.